0
    前回、光をとりもどしたところで、
    今回は、いろいろなものをつくっていく場所(大地)をつくりましょう

    そこで、ViewControllerという新しいファイルを追加します
    このファイルが今後、重要なファイルへと成長していきます

    まずは、とりあえずウィンドウ左側の[アプリ名]フォルダを選択しておいて
    メニューから、[File] -> [New] -> [New File] を選択しましょう
    new_file

    で、新しいファイルは何ですか?って聞かれるので、
    [UIViewController subclass] を選んで次へ...
    select

    次は、UIViewControllerファイルの種類を聞かれるので、
    普通のファイル[UIViewController]を指定して次へ...
    あ、せっかくInterfaceBuilderを使わなくしたので、
    [With XIB for user interface]のチェックは外しておきます
    select2

    そして、ファイル名をつけてOKです
    名前は、わかりやすく[アプリ名ViewController]なんてつけておきましょう
    ここでは、[TestGameViewController]としています
    ※最初に、フォルダを選択していましたが、
     Where: のところが[アプリ名]フォルダになっていることも念のため確認
    file_name


    無事にふたつのファイルができました
    TestGameViewController.h
    TestGameViewController.m
    そのままでもいいですが、見た目がアレなので
    ドラッグしてTestGameAppDelegate.mの下にファイルを持っていきましょう
    file

    ということで、このふたつのファイルが今後プログラムを記述していく
    メインのファイルになります

    では次に、つくったファイルを、先に出たAppDelegateファイルに関連付けます
    関連付けることによって、ようやく光を浴びる大地ができあがるのです

    ...

    それでは早速、関連付けていきましょう

    ...ちょっと長いですか?

    でも、もう少しがんばります

    まず、TestGameAppDelegate.h ファイルの中身を変更します
    @class TestGameViewController;

    @property (nonatomic, retain) TestGameViewController *viewController;
    の2行を追加しましょう
    あ、追加する位置をそれぞれ気をつけてください
    Delegate.h

    次は、TestGameAppDelegate.m ファイルです
    先頭のあたりに
    #import "TestGameViewController.h"

    @synthesize viewController = _viewController;
    の2行を追加

    さらに、
    - (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunching〜の中に
    _viewController = [[TestGameViewController alloc] init];
    [_window addSubview:_viewController.view];
    を追加します
    それぞれ追加位置に気をつけて...
    Deligate.m

    さぁ!

    ...おっと、dealloc も忘れずに
    - (void)dealloc の中に
    [_viewController release];
    を追加します
    dealloc

    さぁこれで、Delegateファイルの記述が終了し、関連付けが終わりました

    ただし、これでは変化がわかりませんので、
    あとちょっとガンバりましょう!

    それでは、いよいよViewControllerファイルに行きます
    今回は、TestGameViewController.m だけ扱います

    *以下、修正箇所があります(修正:9/21... viewDidLoadのところ)
    TestGameViewController.m を選択したら...
    緑の字で書かれた中に、 - (void)viewDidLoad   - (void)loadView って書かれたところがあります
    この少し上の行に /* ってのと
    この少し下の行に */ ってのがありますので、両方消します
    /**/ もいくつかありますが、すぐ近くにあるのをひとつずつ消してください

    あら、 - (void)viewDidLoad   - (void)loadView のところが緑じゃなくなったでしょ?

    それでは、この中に5行、今日最後の5行を記述します
    [Super loadView];

    UIView *view = [[UIView alloc] initWithFrame:[[UIScreen mainScreen] bounds]];
    view.backgroundColor = [UIColor brownColor];
    [self.view addSubview:view];
    [view release];

    はい、下の4行はどこかで見たような4行ですね?
    そう、ひとつ前の回でWindowを初期化するところに書いています
    TestGameAppDelegate.m の中にあります
    WindowにViewを貼り付けるところに似ていますね

    でも、ちょっと違います
    前回は、ViewをWindowに貼り付けましたが、
    今回は、ViewをViewControllerに貼り付けます
    「ViewControllerに...」と直接書いていませんが、こういう書き方になります

    そして、今回は「大地をつくる」ってことなので、
    Viewは、茶色にしています「brownColor」です
    (そんなこだわるところじゃないですけど...)
    loadView


    さぁさぁ、それでは久しぶりの[Run]!!
    brown

    大地ができました!豊かな大地です

    次は、ここに木を植えていきましょう(なんのこっちゃ?)

    ...

    以上の関連付けは、[View-baced Application]のプロジェクトを参考にして、
    記述してみました

    [View-baced Application]プロジェクトは、新しいプロジェクトを作る際に
    選択できます
    今回のプロジェクトは、シンプルな[Window-based Application]を使用しています
    View_based Application




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Calendar
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    My Apps
    有料アプリ

    無料アプリ

    Selected entries
    Categories
    AdSense
    Sponsored Links
    Archives
    Recent comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM